京都の家賃について中坊進二は考える

観光名所として国内外から多くの人が集まるのが京都です。
街並みも綺麗で歴史を感じる京都に、
観光だけじゃなくて住みたい!と考える方も少なくありません。
中坊進二は京都の家賃は場所によって変わる、
市内の中心部は高いけど郊外なら
安めの家賃の物件が見つかると話していました。

中坊進二曰く、
京都駅より南部の南区や伏見区が比較的家賃が安いそうです。
南区や伏見区の中心に近い地域なら市内中心部へのアクセスもよく、
比較的生活がしやすくて住み易いそうです。
ちなみに京都では通りの数字が上がるにつれて家賃も上がるそうです。
中坊進二もいつかは京都の人気の場所に住んでみたいと考えています。

京都ではとくゆうちんという家賃を安くする方法もあります。
特定優良賃貸住宅(特優賃)といわれ、
入居者の所得に応じて京都市から家賃補助が出て、
礼金や仲介手数料が不要などのメリットのある
賃貸マンションに住むことが出来ます。
入居の際は二人以上であり夫婦または親子を主体とした家族であること、
また月額所得が条件内であることなどの様々な入居資格があります。
様々な入居資格をクリアしなくてはいけませんが、
それをクリアすれば設備が充実し、広い部屋に敷金や更新料、
仲介手数料なしで家賃補助を受けながら住むことが出来ます。
非常に人気の制度です。

京都の家賃はピンキリです。
お金があれば市内の人気で有名な場所に住めます。
ですが京都には安い家賃の地域もあったり、
家賃を安くする方法もあります。
特にとくゆうちんの物件がもう少し増えたらいいと考えています。
これらを利用すれば念願の京都に住めます。
興味のある人は参考にして欲しいと中坊進二は思っています。