中坊進二の好きなジャムについて

中坊進二はジャムの中で、イチゴが一番の好みです。
母はブルーベリーが良いみたいですが、
あれはちょっとスッパイので、そこまで中坊進二は食べません。
ジャムの用途は基本的に、
パンにかけるかヨーグルトに混ぜるかの二択です。
中坊進二、これ以外の用途ではまずジャムを使いません。



むしろ、これ以外に何かあるのでしょうか。
洋菓子などは自作しませんし、
料理にもこれらを混ぜるのは何か違う気がします。
隠し味として使う人も居るかもしれませんが、
中坊進二の家ではそんなことはしません。
クックパッドを見ればいくつかのジャム料理が見つかりますが、
その多くが、洋菓子の自作、および、料理の隠し味です。
一応、アイスクリームに掛けるというのはありましたが、
シンプルにそのままジャムを添えるという使用方法は
ほとんどないのが現状のようです。
素直にヨーグルトで全部使い切ろうと思います。



ジャムには色々な種類があります。
イチゴ、ブルーベリー、リンゴ、マーマレード、
レモンなどがスーパーで並んでいますが、
道の駅などに行けばもっとバリエーション豊かなジャムが売られています。
特に良いのは素材をそのまま使ったジャムです。
スーパーのジャムは色々と加工して水増ししているタイプですが、
道の駅などで売られているジャムは、かなり自然そのままだと言えます。
果肉もたっぷりでその食感を楽しめます。
中坊進二、ジャムにはまっていた時期があり、
お土産としてジャムを何個も買ってきたことがあります。



ジャムは賞味期限が短いことで有名です。
市販されているものは防腐剤が入っているとはいえ、
開封後3週間が限度の物が多いです。
未開封でしたら平気で半年以上もちますが、
開けてしまったらそこから雑菌が中に入り、
繁殖してしまう可能性が高いと言えます。
そして手作りジャムなら尚更です。
しっかり密閉すれば一年近く保存は可能ですが、
普通に使っていたら2~3日が限度と言われています。
手作りジャムを作ったら、なるべく早めに消費するようお願いします。