中坊進二の京都の夏の過ごし方

四方を山に囲まれ、盆地にあるのが京都です。
夏は非常に暑く、毎年中坊進二も苦労しています。
平日や仕事の時は覚悟を決めて外に出ています。
代わりに休日になると、基本的には朝か夕方に用事や
予定を入れて日中は出掛けないようにしています。
自宅のエアコンは夏場はフル活用しています。

中坊進二は暑い京都の夏を過ごすために、様々な工夫をしています。
平日でも休日でも出掛ける際にはマイボトルを持ち歩いています。
保冷が効くものを持ち運ぶことで、
長時間冷たい状態で水が飲めるようにしています。
中坊進二は京都は暑いから、冷たい水は欠かせません。
けれどあんまり冷たくし過ぎるとかえって飲みづらいから、
程よい冷たさにしているそうです。

暑い時間帯に出掛けるなら、小まめに休憩を挟むようにしています。
夏場なら疲れる前に休憩を入れるようにしています。
中坊進二は夏の京都に訪れようと考えている観光客には、
自分と同じように小まめに休憩を挟むことを勧めています。
予定の消化を優先し過ぎると、
暑さでバテてしまい元も子もないと考えているからです。
もし夏場に京都に観光に訪れるなら、
昼間は屋内の冷房の効いた観光スポットを
回ったほうがいいと考えています。

また、カフェなどがたくさんあるから、
ルートごとにたくさん調べたほうがいいそうです。
中坊進二も夏になると京都のカフェで涼んで休憩しているそうです。
お陰で京都の色んなカフェを知ることが出来たと
京都の中坊進二は話していました。

小まめに水分を取る、疲れる前に休憩する。
京都だけでなくどこにいても夏場では大事なことですね。