空調が壊れてまいっている中坊進二

会社が暑くてまいっています。
暦は絶賛3月で、そろそろポカポカ陽気です。
会社の空調を切っただけで、オフィス内が熱気ムンムンになります。



中坊進二の会社の窓は特に断熱仕様ではありませんので、
外気の気温の影響を諸に受けます。
外が暖かくなると、室内もそれに便乗して暖まります。
室内の気温が高くなると、仕事の能率はとても落ちます。
思考が低下しますし、体調も悪くなってしまいます。
室内でも普通に熱射病になることもありますので、注意が必要です。
それゆえ、夏でも冬でも空調設備は欠かせません。
社員が居る間は、室内を常に一定の気温に保つ必要があります。
特にパソコン設備は高温にとても弱いです。
排気の熱が熱すぎて中坊進二、それに触れて火傷したことがあります。
パソコンの排熱でも室内は暖まりますので、
空調設備は絶対に必要と言えます。



去年の夏ですが、
中坊進二のオフィスの上の階層の空調が壊れたことがありました。
2日で直りましたが、それまでは仕事にならないほどの地獄だったそうです。
むしろ、都市部で空調がないと、平気で30度を超えます。
パソコンの排熱で40度まで上がるかもしれません。
そうなったらもうパソコン自体もアウトになりそうです。
マウスのホイール部分とかが溶けそうです。
そうなったらもう業務になりませんので、
いっそのこと会社を休業するしかないかもしれません。
あとは、家で仕事をすることになりそうです。



このブログを書いている途中(3行目のあたり)で、
空調が復活したので何とか生き返りましたが、
やはり空調の偉大さを改めて感じたところです。
室温が30度を超えたら、正直仕事にはならないと中坊進二は確信しています。
ところで小中高の時、クーラーも無しにどうやって勉強していたのか、
全く思い出せません。
それとも、中坊進二の会社だけが特別に暑いのでしょうか?

と言うか、クーラーの音がデカすぎて、気になって仕事になりません。