中坊進二は回転寿司に行きました

最近の回転寿司はあの手この手で色々なメニューを考案しています。
寿司の原形はほとんど無くなりつつあります。
先日、中坊進二はとある回転寿司チェーン店に行きましたが、
いくらは最早寿司とは呼べない気がします。
何故か、正方形の海苔が酢飯の下に敷かれていて、
その上に山盛りのいくらが乗っかっています。
握るのを放棄した寿司になります。
ネギトロも同様な感じでした。
とりあえずインパクトだけはありましたが、味は普通です。



寿司ネタも大分多彩になってきました。
いつから始まったか分かりませんが、
肉類や揚げ物の寿司が増えてきました。
昔はハンバーグしかありませんでしたが、
今やオリーブ添え生ハム、エビ天などがあり、
最早何を食べに来たのか良く分からなくなってきています。
中坊進二は好奇心で食べてみましたが、オリーブと酢飯は合いません。

昔に比べて一番変わった点は、寿司が回転しなくなったことです。
レーンを流れているのはほとんどメニュー表のみで、
寿司は注文パネルから注文するのが当たり前になりました。
数えたところ、50人くらいのお客が入れる店舗で(もちろん客は満員)、
回っているお寿司は全部で5皿だけでした(紙パックジュースは除く)。
その5皿はとてもカピカピで、いつ握られたのか全く分からない程です。
むしろ中坊進二がその5皿食べて、全部まっさらにしたいと思った程です。
ここまで来たらもう「回転寿司」という名称も変えた方が良い気がすると、
中坊進二は思っています。

逆に追加して欲しいメニューがあります。
それはホットコーヒーです。
酢飯とか茶わん蒸しを食べていくと、
どうもあの苦味のあるコーヒーが摂りたくなります。
インスタントでも全然良いので、
108円の回転寿司にホットコーヒーを導入してくれないものでしょうか。
中坊進二としては、缶コーヒーでも全然構いません。

ケーキ、うどん、たこ焼き、などなど。
最近の回転寿司は、寿司ネタ以外のバリエーションが大分増えてきました。
「家族写真を撮る」サービスも開始したそうで、
今の回転寿司は味よりエンターテイメントで勝負している感じだと言えますね。