熱々のお茶を飲む中坊進二

日本人の半数が飲んでいると言っても過言ではないのが、お茶です。
コンビニのラインナップを見ても、多数のお茶が並んでおり、
どれを買えばいいか迷ってしまいます。
中坊進二が買う場合は、安さ優先です。
正直、味に関しては全く求めていません。
お水でも構わない程です。



基本的にお茶は熱して飲むものです。
スーパーやコンビニで並んでいるお茶は、
ほとんど冷まして飲むタイプですが、
お茶をしっかりと味わいたい場合は、
熱したままのお茶が一番だと中坊進二は思います。
そうしたものは食後の一服に嗜むことが多いです。
滅多に食べませんが、
懐石料理を食べたあとは熱々のお茶が飲みたくなるというものです。
あとは寿司屋でしょうか。
口の中を落ち着けるために、ガリとお茶で一度リセットします。
ガツガツ食べるとネタが混ざりますので、
ひとつずつゆっくり味わうためにお茶でお口の中を潤すのです。

色々なお茶がありますが、最高峰として有名なのは玉露です。
この前、中坊進二は本格的なお茶が楽しめる喫茶店に行きました。
茶道ではなく、純粋にお茶を飲んで楽しむものです。
淹れ方が色々と細かくて、まずは60度くらいのお湯を注ぎます。
冷ます方法が色々と面倒で、
別の容器に注いだ熱湯を2つの容器を使って交互に入れ替えて冷まします。
60度になったら急須にそれを注ぎ、普通に飲みます。
1回目はそれですが、2回目は70度くらいのお湯を使います。
そして3回目は80度、4回目は100度と、
徐々に使用するお湯の温度を上げていきます。
最後は玉露の茶葉を取り出して、ポン酢で付けてそのまま食べます。
やけに固いホウレンソウみたいな味でした。
かなり面倒だったので、多分次は別のものを注文します。
夏になったらアイスが再開されますので、
その時を中坊進二は待ち遠しにしています。



お茶系の製品は多いです。
特に抹茶を粉末にしたものは色々なところで使われています。
抹茶アイスは特に人気だと思います。
抹茶味のポテチはなかなか冒険したなと、
中坊進二は思いましたよ。